MENU

福耳通信

miyachannel

HOME > 福耳通信 > 2021年度の社会保険料率が決定しました

2021年度の社会保険料率が決定しました

2021年4月27日

カテゴリ: 労務

毎年4月は社会保険料率が見直される時期です。社会保険・労働保険ともに2021年度の保険料率が公表されましたので、その内容を確認しておきましょう。

family-care-and-love-hands-with-family-symbol-silhouette-picture-id1127838959.jpg

1.社会保険
①健康保険料率・介護保険料率
2021年3月分から適用される協会けんぽの健康保険の保険料率は、下表のとおりとなりました。引上げが20道府県、引下げが26都県、据え置きは富山県の1県のみとなりました。
また、介護保険の保険料率は毎年見直しが行われ、 2021年3月分より 1.79%から1.80%へ引上げられています。

②厚生年金保険料率
厚生年金の保険料率は、2004年から段階的に引上げられましたが、 2017年9月を最後に引上げが終了し、18.3%で固定されています。

2.労働保険
①労災保険率
労災保険率はそれぞれの業種の過去3年間の災害発生状況等により、原則3年ごとに見直されることになっています。前回、 2018年度に見直しが行われており、 2021年度は変更される年度に該当しますが、据え置きとなりました。

②雇用保険料率
雇用保険料率は毎年度、財政状況に照らして見直しが行われます。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴 う雇用調整助成金等の特例措置により、財政状況は悪化していますが、2021年度は2020年度から据え置きとなりました。