MENU

福耳通信

miyachannel

HOME > 福耳通信 > 隠れた熱中症にご注意を!

隠れた熱中症にご注意を!

2019年7月30日

カテゴリ: コラム

のどの渇きや多量の発汗などの明らかな熱中症の症状が現れれば、すぐに水分補給や涼しい場所で休憩をとることで改善しますが、症状が現れないまま進行し、悪化させるケースも多くあります。

普段とは違う異変があれば...
熱中症経験者の中には「熱中症ではないだろう」「自分は大丈夫」といった油断や過信があった人が多くいます。室内でも、風呂場や洗面所、家屋の2階、マンションなど機密性の高い部屋は注意が必要です。
のどの渇きや多量の発汗などがなくても、普段とは違う異変があれば、隠れたまま熱中症が進行している可能性があります。次のような症状は、熱中症を疑ってみましょう。

【隠れた熱中症の症状】

  • だるさ、疲労を感じる(幼児・児童が発する「つかれた」「だるい」は要注意)
  • 唇の変色
  • 手足のしびれ
  • 手足が冷たくなる
  • 口の中が渇いて唾液が出にくくなる
  • 舌が乾燥して赤黒い

miyake201908-51.jpg

こんな人は熱中症になりやすい
体温調節機能が未発達な子供や、温湿度の感覚が低下している高齢者はもちろんですが、成人でも次のような人は注意が必要です。

  1. 体調不良や二日酔い、下痢の人
    風邪や疲労による体調不良は、体温調節機能を低下させます。二日酔いや下痢は軽い脱水症状を起こしているので、のどの渇きがなくても水分を補給しましょう。

  2. 運動不足や肥満の人
    運動不足の人は汗をかく機能が低下しており、肥満の人は体内の熱を逃がす効率が良くないため、熱中症への危険性が高まります。