MENU

福耳通信

miyachannel

HOME > 福耳通信 > 「寝る前スマホ」は快眠の敵!

「寝る前スマホ」は快眠の敵!

2017年5月30日

カテゴリ: コラム

「なかなか寝付けない、眠りが浅い、疲れがとれない」などの自覚症状はありませんか?
それは、「寝る前スマホ」が原因かもしれません。

画面の光を浴びて、脳が昼間と錯覚
人には「日光を浴びると覚醒し、夜になると眠くなる」という睡眠のリズムがあります。
これには、体温や脈拍数、血圧などを低下させ、人を休息や睡眠に誘うメラトニンというホルモンが関係しています。メラトニンは、強い光を浴びると分泌量が減り、反対に暗い所にいると分泌量が増えるため、人は夜になると眠くなるのです。
スマホ、パソコン、タブレット、テレビなどから発せられる光によって、脳が「昼間だ」と錯覚し、メラトニンの分泌量が抑制されます。すると、脳が覚醒し、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こしやすくなります。画面を間近で見るスマホは特に要注意とされています。
「寝る前スマホ」による睡眠障害は若年層に多く、厚生労働省も警鐘を鳴らしています。
miyake5-7-1.jpg

スマホは手の届かない所へ、寝る前の使用を控える
睡眠不足は、注意力や作業能率の低下を招き、生産性の悪化、事故やヒューマンエラーを引き起こす要因になります。また、睡眠不足が長く続くと、疲れが蓄積し、疲労回復がはかれません。
「寝付けない、眠りが浅い、疲れがとれない」などの自覚症状を感じるようならば、寝床から手の届かない所にスマホを置く、メール等をする時間を決めるなど、「寝る前スマホ」を控えてみましょう。

改善してみよう!

  1. 睡眠2時間前(最低でも1時間前)はできるだけスマホを見ない
  2. 画面の明るさを暗めに設定する
  3. 画面から発するブルーライトをカットするメガネやフィルターを使う
  4. 夕方以降は部屋の照明を間接照明などに切替え、暗めにする