MENU

福耳通信

miyachannel

HOME > 福耳通信 > 正範語録(はいはんごろく)

正範語録(はいはんごろく)

2016年7月 1日

カテゴリ: コラム

「正範語録」をご存じでしょうか?
実は、作者も出典も、時代背景も不明な言葉ですが、ネット上で話題を呼び、多くの人々に感動、共感を与えています。

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差
真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり
本気でするから大抵ことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる

この「正範語録」を仕事の心得として掲げている企業も多いそうです。
この言葉は、人が懸命に生き、懸命に働くことの尊さを説いているように思います。

haihangoroku.jpg

今年になって3件の「意見聴取」がありました。「意見聴取」と言うのや、会社の申告書に税理士法33条の2の書面を添付している場合に、税務調査の前に税理士が申告内容について、税務署に対し意見を述べることができる制度です。
今年も3件のお客様全て、「意見聴取」後の税務調査は省略となり、5月に開催された当事務所セミナーにおいて表彰させて頂きました。関与先の皆様の適正な記帳のおかげです。ありがとうございました。