MENU

福耳通信

miyachannel

HOME > 福耳通信 > インボイス枠・賃上げ枠などを新設!中小企業向け補助金

インボイス枠・賃上げ枠などを新設!中小企業向け補助金

2022年7月29日

カテゴリ: 経営

制度変更への対応や生産性向上のために、設備投資、IT導入、販路開拓、新製品開発などに取り組む中小企業向けの補助金に特別枠が新設されました。

消費税・インボイス制度への対応を進める事業者の方へ

□IT導入補助金「デジタル化基盤導入枠」

インボイス制度を見据えてデジタル化を進める場合に、会計・受発注・EC等のソフト費用等が補助されます(最大350万円・補助率2/3または3/4)。会計ソフト等を導入した場合に限り、パソコン・タブレット・レジの購入費用も補助されます(最大20万円・補助率l/2)。

□持続化補助金「インボイス枠」

免税事業者からインボイス発行事業者に登録した事業者(※)を対象に、販路開拓等のためのチラシ作成、広告掲載、店舗改装などの費用が補助されます(最大100万円・補助率2/3)。
※2021年9月30日から2023年9月30日の属する課税期間で一度でも免税事業者であった、または免税事業者であることが見込まれる事業者のうち、インボイス発行事業者に登録した事業者

賃上げに取り組む事業者の方へ

□ものづくり補助金「回復型賃上げ・雇用拡大枠」

新商品・新サービス開発や新たな生産方式を導入する際の費用の補助について、一定の賃上げ等に取り組む場合に、最大1,250万円(補助率2/3)が補助されます。

□持続化補助金「賃金引上げ枠」

一定の賃金水準を満たした事業者が行う販路開拓等の費用について、最大200万円(補助率2/3、赤字企業は3/4)が補助されます。

脱炭素に取り組む事業者の方へ

□ものづくり補助金「グリーン枠」

温室効果ガス排出削減に資する革新的な製品・サービスの開発、炭素生産性向上のための生産プロセス等を改善した場合に、最大2,000万円(補助率2/3)が補助されます。