MENU

福耳通信

miyachannel

HOME > 福耳通信 > 3密回避で人気急上昇!キャンプの新たな楽しみ方

3密回避で人気急上昇!キャンプの新たな楽しみ方

2021年6月28日

カテゴリ: コラム

「3蜜にならない」レジャーとして、キャンプ人気が急上昇しています。キャンプ関連の売上も好調です。楽しみ方も、家族で自然を満喫するスタイルや、ひとりでのソロキャンプ、自宅の庭やベランダでのキャンプなどさまざまです。

istockphoto-1009932696-612x612.jpg

新型コロナによる「3密回避」が、近年のキャンプブームに拍車!
キャンプ好きのタレント、キャンプを題材にした漫画やアニメ、ドラマが火付け役となり、ここ数年、キャンプブームが起きていました。そこに、コロナ禍での3密を回避できるレジャーとして、人気に拍車がかかりました。キャンプ用品も売れ行きが急増。2020年のテントの輸入額は前年比9.5%増の約130億円となり、2年連続で過去最高を更新しました(大阪税関調べ)。災害時にも使えるクッカー(携帯鍋)や、ランタン、ポータブル電源なども売れ行きが好調です。

家庭で楽しむ"ガーデピング"や"ベランピング"など新たなスタイルも登場!
最近は、ひとりでキャンプを楽しむソロキャンプも人気があります。都会の喧騒を離れ、自然のなかで、ただぼ一つと夜空やたき火を眺めて、ひとりの時間をのんびり過こすのもいいですね。「ソロキャンプ」は2020年の流行語にも選ばれました。自分だけのプライベートキャンプ場をつくるために、森林を購入する人もいます。家族でキャンプを楽しみたいけれど、遠出は避けたいという理由で、自宅の庭でのガーデピング、ベランダでのベランピングなど新しいスタイルも生まれています。外出自粛でなかなか外で自由に遊べない子どもに、屋外での非日常を体験させることで気分もリフレッシュします。キャンプ用品の準備など、ハードルが高いと感じる人には、快適さを備えた高級なアウトドアとしてグランピングも人気です。テントの設営や食事の準備など煩わしいことは運営施設が行ってくれるため、キャンプ経験がなくても気軽に泊まれます。皆さんは、どのスタイルがお好みでしょう。